ずっと健康であるために。

これからはアイケアデザインがスタンダード。

光からもっと目を守るケアレンズ登場。

 

東海光学

ルティーナ



眼の健康を奪う疾患には、実にさまざまな種類が存在しています。なかでも、加齢黄斑変性は、身近でありながら恐ろしい眼疾患のひとつ。眼の中にあって、ものを見るのに重要な部分「黄斑部」に存在する色素「ルテイン」が紫外線などにより損傷することによって、この疾患が引き起こされるという報告があります。


 

ルテインは食事による摂取以外では、体内で産生することができず、眼の健康のために、紫外線からルテインを保護することが重要視されています。そこで紫外線をカットするだけではなく「ルテイン」の損傷を防ぐ、からだ想いのケアレンズが開発されました。

≪ 一般的なレンズを装用した眼 ≫

 光によって酸化ストレスをうけ、
ルテイン(色素)劣化が起きやすい。

≪ ルティーナを装用しつづけた眼 ≫

 ルテインを保護することで
酸化ストレスを軽減し、色素劣化を抑えます。

 ※イラストはイメージです。


従来の一般的な眼鏡レンズにおける400nmまでの紫外線をカットする機能に加え、さらに400~420nmの光をシャープにカットする機能を持っ ており、酸化ストレスやルテイン(色素)劣化に影響を与えるHEV(400~420nm)を約94%カットしています。

日常的に装用することで、サプリメントを摂取するように眼を健康に保つ効果が期待できると考えられます。

 

ぜひ一度、お近くの メガネの玉屋 でご相談下さい。